2.商行為 3.交互計算

第二編 いろんなビジネス

第二編 商行為

第三章 お勘定はまとめて

第三章 交互計算

まとめて計算
第五百二十九条

ビジネス目的で、いつもいつも取引をやっている間柄であれば、一定の期間を決めておいてその間の取引はお互いの債務や債務をまとめたり相殺をして支払いの約束をする方式をとればOKです。
“お互いの債務や債務をまとめたり相殺をして支払いの約束をする方式”のことを《交互計算》といいます。
原文
ビジネス用証券の債務が果たしてもらえそうにない場合
第五百三十条

手形や小切手のようなビジネスで使う証券を使って債権や債務をまとめたり相殺することもできるのですが、相手がその証券の債務を果たしてくれそうにない場合は、これを除外して現金などで支払いの約束をさせてもかまいません。
手形などの“ビジネスで使う証券”のことを《商業債権》といいます。
原文
相殺する場合の期間
第五百三十一条

お互いの債務や債務を相殺するのは、当事者同士が期間を決めて行えば良いのですが、特に定めていない場合は六ヶ月の期間で行ってください。
原文
計算書を作って確認して承認
第五百三十二条

債権と債務のとりまとめと相殺をするためには、お互いに該当する項目を洗い出して計算書にとりまとめ、お互いに確認して承認をしてください。

お互いに計算書を承認したら、それ以降はいちゃもんをつけてはなりません。

とはいえ、確認をしたはずの計算書の中にミスや記載漏れがある場合にはちゃんと修正をしてください。
原文
相殺の残額には利息をつけても
第五百三十三条

相殺をしても残額が生じたら、請求の締め日からその残額に法定利息を請求してもかまいません。
2

前項では利息がつき始める日を計算の締め日からとしましたが、お互いの相殺の案件を計算に加えた日から利息をつける、という取り決めをしてもかまいません。
原文
いつ辞めても、すぐに請求しても
第五百三十四条

債権と債務のとりまとめや相殺をすることを辞めたくなったら、別にいつでも辞めてかまいません。

これを辞めることにしたら、それまでの債権と債務をさっさと集計したら、直ちに支払請求をしてかまいません。
原文

かみくだし方についてのご意見・ご感想、解釈の間違いに関するご指摘や、
よりわかりやすいかみくだし方のご提案はお気軽にコメント欄へお願いいたします。

0 件のコメント:

コメントを投稿

かみくだし商法 検索