2.商行為 6.問屋営業

第二編 いろんなビジネス

第二編 商行為

第六章 問屋の仕事

第六章 問屋営業

《問屋》とは
第五百五十一条

クライアントが儲かるように、商品を仕入れたり、販売してあげることで、依頼者から手数料をもらう仕事を行う業者を《問屋》といいます。
商法上の《問屋》とは、世間一般でいる“問屋さん”つまり、卸売業者のことではありません。
商法上の《問屋》は「といや」と読むそうです。
原文
問屋の義務と権利
第五百五十二条

クライアントのために商品を仕入れたとしても、問屋自身がその代金を支払う義務を負い、商品を手に入れる権利を得ます。

クライアントのために商品を販売したとしても、問屋自身が商品を相手に渡す責任を負い、代金を受け取る権利を得ます。
2

問屋とクライアントの間には、商法の問屋に関する規定だけではなく、委任と代理の規定についても同じように適用することとします。
原文
お客や仕入れ業者への責任と義務
第五百五十三条

仕入れ業者が発注した商品を納入してくれないような場合であっても、問屋は購入の依頼をしてくれたクライアントに商品を納入する責任を負わなければなりません。

売り渡したお客が代金を支払ってくれないような場合であっても、問屋は売却の依頼をしてくれたクライアントに仕入れ代金を支払う義務を負わなければなりません。

とはいえ、取引の際に上記とは別の取り決めをすることによって責任や義務を回避しても全く問題ありません。
原文
差額を負担すれば
第五百五十四条

売却依頼された価格よりも安値でしか商品を販売できなかったとしても、あるいは、購入依頼された価格よりも高値でしか商品を仕入れられなかったとしても、その差額を問屋自身が負担すれば、クライアントからの依頼は果たしたことになります。
逆に依頼された価格よりも高く販売できたり、安く仕入れることができた場合、その差額は依頼者の利益ということになります。
原文
問屋自身が売主になったり、買主になっても
第五百五十五条

市場で相場が明らかになっている商品の販売や売却をクライントから依頼された場合は、次の方法をとることが認められます。

問屋自身が買主となってその商品の買い入れること。

問屋自身が売主となってその商品を売りさばくこと。
2

問屋自身が商品を仕入れたり、売りさばいた場合であっても、クライアントは問屋に報酬としての手数料を支払うことになります。
原文
委託したはずなのに受け取ってくれなかったら
第五百五十六条

購入することを問屋に委託したはずなのに、その商品をクライアントが受け取ってくれなかったり、受け取ることができなくなった場合、普通の売買契約において買手が商品を受け取らない場合の規定(第五百二十四条)を同じように適用し、その商品は競売にかけて処分することができるようになります。
原文
代理の規定で同じように適用すること
第五百五十七条

代理をしたら報告することに関する規定(第二十条)と、契約を交わした商品が代理をしたのに債務をはたしてくれない場合の規定(第三十一条)は、問屋営業の場合も同じように適用します。
原文
購入や販売に限らず
第五百五十八条

この章の問屋営業に関する各規定は、必ずしも購入や販売を依頼された場合に限らず、報酬をもらうことを前提に依頼を引き受ける場合には、同じように適用することとします。
原文

かみくだし方についてのご意見・ご感想、解釈の間違いに関するご指摘や、
よりわかりやすいかみくだし方のご提案はお気軽にコメント欄へお願いいたします。

0 件のコメント:

コメントを投稿

かみくだし商法 検索