1. 総則 1. 通則

第一編 この法律全体で言えること

第一編 総則

第一章 この法律を通して言えること

第一章 通則

尊重するルール
第一条

商法は、ビジネスのルールを定めています。

商法以外でもビジネスのルールを定めている場合がありますので、もちろんそれも尊重されます。
2

商法で触れていないことはこれまで行ってきたビジネスのルールを尊重し、商法やその他の法律にもあてはまるルールがない場合は民法ルールをあてはめます。
原文
国や地方公共団体がやることも
第二条

民間人に限らず、ビジネスに該当することを国や地方の公共団体が行う場合にもこの法律は適用を受けることになります。
原文
商法のルールが及ぶ範囲
第三条

互いにビジネスとして取引を行うケースに限らず、一方は消費者でもう一方はビジネスとして取引を行うケースについても、商法のルールが適用されます。
2

直接の窓口として取引に関わった人だけに限らず、法人や団体としてビジネスを行ったケースでは、そのグループの全員に対して商法のルールが適用されます。
例えば消費者のように“お金儲け以外の目的で取引を行う相手に対してビジネスを行うケース”のことを《一方的商行為》といいます。
原文

かみくだし方についてのご意見・ご感想、解釈の間違いに関するご指摘や、
よりわかりやすいかみくだし方のご提案はお気軽にコメント欄へお願いいたします。

0 件のコメント:

コメントを投稿

かみくだし商法 検索